いぼが出来たらどうすればいい?【美容クリニックでいぼ施術】

サイトメニュー

傷跡がきれい

看護師

一度の施術で完了

美容クリニックは主に炭酸ガスレーザーによる治療になります。炭酸ガスレーザーを採用している皮膚科はそれほど多くはなく、レーザーを使って細胞を蒸散させることが可能です。一回の治療で完了することができ、難治性いぼに対応することができます。液体窒素凍結療法を何回行っても治療できない人もいますが、治らない人もいます。いぼができてからそのまま放置しておいてやっと治療をスタートも多く、そのような場合炭酸ガスレーザーや手術になることもあるでしょう。手術になると切除方法となり局所麻酔を行ってから、大きめに切除し細胞を取り除くことになります。それから皮膚を縫合し1週間後に抜糸することが可能です。手術した跡が残るケースがあるので注意が必要です。炭酸ガスレーザーを利用するとそれほど傷跡が目立たないことができ、特に顔にできたものを切除するなら手術跡が非常に気になるものです。スキルの高い医師に任せると良いのでしょうが、クリニック選びは難しいでしょう。老人性の場合は大きなものがあるので炭酸ガスレーザーではなく、切除方法が選択されることが一般的になります。炭酸ガスレーザーでは大きいものを一度で除去するのは難しく、何度か治療が必要です。費用や時間などがかかるので、大きなサイズのものには切除法は効果的と言えます。大きいものは皮膚科で行うことをおすすめしますが、小さなサイズや顔などの目立つ場所にあるものなら美容クリニックで行うと手術した跡が目立たなかったり、きれいの除去をしたりすることができるのでおすすめです。美容クリニックでいぼ施術を受けるにはいくつかメリットがあります。例えばいろいろな治療器を使ってきれいに仕上げることが可能です。いぼのサイズや状態などによって安全に除去することができます。場合によって数回に分け治療することもあり、もしへこみなどができた場合でも、へこみを改善することができるレーザーで対応することが可能です。治療の流れの流れとして、まず局所麻酔を行います。状態によっていろいろなガスレーザーを使い分けたり、電気メスなどを使用したりしています。1回の治療で深く治療するとへこみなどが残ることもあるので、1回で除去できない場合皮膚に負担をかけずしばらく期間を空けてから次の治療を行うことが可能です。照射した部位に軟膏を塗布し、肌色のような目立たないテープを貼って保護します。照射してからしばらくはカサブタができないよう湿潤療法できれいに治療することが可能です。施術した部位を乾かさないよう被覆材などで密閉すると、施術した後痛みを少なくすることができたり色素沈着を防ぐことができたりします。メイクは行うことができますが、かさぶたの上から使用できるようなファンデーションなどが良いでしょう。尚、紫外線にあたると施術した部位に色素沈着などが起こることがあるので、レーザー照射した後は注意が必要です。しばらくすると皮膚の色が他のように落ち着いてくるのを実感することができます。傷跡やへこみなどがなくきれいに除去することができるので便利です。1回で済ませたい場合は切除することもありますが、一般的にガスレーザーできれいに仕上がります。

クリニックを選ぶ時

顔に触れる女性

いぼの治療を受ける時にはクリニックの設備を確認しておきます。医師の技術に関しては扱ったことのある症例数を医師に聞いておきましょう。また再発を防ぐためには、小さくて数が少ないうちに治療を開始することが重要です。

詳しく見る

悩みを除去して好印象に

顔に触れる女性

コンプレックスとなるいぼは、電気メスやレーザー、メスによる切縫法などを用いて完全に除去すると効果的です。クリニックによって価格やサービス内容が異なりますが、最初のカウンセリングで十分な説明を受けて、納得してから施術することが大切です。

詳しく見る

感染が広がる可能性もある

女性

いぼの種類には様々なものがありウイルス性のものは感染により数が増えたり悪化することがあります。他の人に感染を広げてしまうこともあるので早めに治療すると良いでしょう。クリニック選びは医師の説明が納得できるところを選ぶのがポイントです。

詳しく見る

Copyright© 2019 いぼが出来たらどうすればいい?【美容クリニックでいぼ施術】 All Rights Reserved.